HAPPY FISH 永島沙紀

HAPPY FISH 永島沙紀

HAPPY FISH 永島沙紀

本編ダイジェスト

  • 処女卒業:永島沙紀
  • レーベル:HAPPY FISH
  • 発売日:2017/2/24
  • 辱め
  • クラスの中でもひときわ小柄で、中○生と間違われることもしばしば。あどけなさの残る容貌も、その印象に拍車をかけている。非道な男たちに捕らえられた沙紀は、まるで子供のようにすすり泣くしかなかった。制服を脱がされていくと、まだまだ未発達な肢体が露見する。そしてイチゴ柄の下着の中身は、無毛のワレメ…。(これは…完全な幼○体型だな)ゴクリと生唾を飲み込む男たち。ここまで無垢な身体は初めてだった。両手両足は磔状態でがっちり拘束され、身動きひとつ取れない。「やっやめて。怖い…。お願いです、ゆるして」オドオドと怯えきってる様子は、まるで臆病な小動物のよう。そして露わになった股間は、あたかも処女のそれであった。実際は、性体験はそこそこあるようだが、性器の感度はまだ敏感すぎるほど。剥き身にされた陰核は、指先が軽く触れただけで電気が走ったように鋭く反応。このような鋭敏な箇所に、電動玩具の凄烈な微振動が…。「はががああぁダメっダメ~ぇ!」全身がガクガク震え出し、堪らず身悶えする少女。失神するくらいの衝撃なのに、発情期の生殖器は本能的に男根を欲してしまう。粘っこい体液を分泌し、無毛ワレメはあっという間にヌルヌル状態に。これからたっぷり調教してやれば、すぐにこの凄まじい刺激は、トロけるほどの快感へと変わっていくことだろう。

    レビューでキャッシュバック

    DUGA割

    関連タイトル

    あわせて読みたい