淫熟人妻実話 Ami

淫熟人妻実話 Ami

淫熟人妻実話 Ami

本編ダイジェスト

  • 処女卒業:あみ
  • レーベル:ディープノイル
  • 発売日:2009/6/1
  • 熟女
  • 結婚3年目。学生時代の性的虐めにより、極度の男性不信に陥る。面接に訪れた素人妻、あみ。中・高校時代に性的な虐めに合い、男性不信に陥り誰とも付き合うことなく成人を迎えたと語り始める。20才の頃、看護助手として勤めていた病院の院長のセクハラに悩むが、職歴を積むためと我慢していた。診察台の上でクスコを入れられバイブで虐められる、診察中にリモコンローターを装着され遊ばれる。耐えることによって興奮する自分に気づいた時には、院長によって処女を失っていた。その後、見合いで結婚した夫との行為が疎遠になり、病院時代の院長との関係を妄想しながら自慰に耽っていると言う。自慰による快感では満足できず、今回面接に応募してきた。病院時代を連想させるような虐めに興奮するあみ。乳房を揉み、乳首を抓る。むっちりとした身体を捩るように、喘ぎ始める。白くたっぷりと肉付いている巨尻を晒し、既に膨らんでいる肉豆を指で擦りあげる。たまらず声を上げ、「中に入れて」と懇願するみな。指で肉壷を掻き回すと、激しく喘ぎながら指を締め付けてくる。すぐさま反応するみなに、院長のようにリモコンローターを装着しホテルに連れ込む。淫汁を垂れ流しているみなを拘束し、目隠しをしながらバイブし、焦らすように虐める。グチュグチュと音をたてる肉壷を掻き回すと、潮を吹きながら悶えるみな。しきりに「入れて!」と願うみなに、膨張した肉棒を咥えさせる。普段から奉仕する事が無いみなの下手なフェラを責め、喉の奥まで飲み込ませる。硬く膨れ上がった肉棒を、みなの滴る肉壷に差し込む。混乱したように喘ぎまくるみな。「後ろから責めて」と強請るみなの尻を鷲づかみし、スパンキングをしながらたっぷりと精液をぶちまげた。「きれいに掃除しろ」と命じると、吸い取るように口を使い、余韻を楽しんでいた。

    レビューでキャッシュバック

    DUGA割

    関連タイトル

    あわせて読みたい